巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

日本の歴史 ~アダ名編~

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライオンズの主砲のアダ名といえば“おかわりくん”。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

読者のみなさんは、どんな“アダ名”をお持ちだろうか? 苗字や名前をもじったもの。身体的特徴に由来するもの。一体ナゼ、そんなネーミングになったのか意味不明なもの……。ひと口にアダ名といっても、多種多様にある。

某バラエティ番組の企画で、ヒッチハイクでユーラシア大陸を横断して人気者になった某芸人さん。現在は、他のタレントたちに絶妙なアダ名をつける“アダ名芸人”として再ブレイクを果たしている。この芸人さんにアダ名をつけてもらいたいと思う人も少なくないようだ。

思えば、筆者も子供の頃から友人たちには概ねアダ名で呼ばれてきた。いや、大人になった今でも呼ばれることが多い。親しい間柄ほど、アダ名で呼んでくれる。こちらも、好きな相手はアダ名で呼んだりする。アダ名で呼ばれるのは悪い気はしないし、好意を抱く相手に対しては、アダ名で呼びたくなる衝動のようなものすら覚える。

キライな相手、苦手な人を、悪意を込めたアダ名で呼ぶこともある。この場合は、面と向かってではなく、カゲでこっそりと呼ぶわけだが。このように、親しい人間だけでなく、憎い相手に対しても付けるアダ名。しかしコレ、「付けるぞ!」と意気込み、頭を悩ませて付けるようなものではない。多くのアダ名は、自然発生的に付けられるものではないだろうか。

アダ名を漢字で書くと、「渾名」もしくは「綽名」となる。ちなみに「渾」の字には「にごる」とか「まじりあう」といった意味があり、「綽」には「ゆったりしたさま」や「あからさまでない」といった意味がある。
関連キーワード

ライター情報: 木村吉貴/studio woofoo

木村文章店店主。鎌倉を拠点にライター・コピーライター・作家として活動中。

URL:http://www.studio-woofoo.net/

2011年12月8日 10時00分

注目の商品