巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

来年は辰年! フランスで話題のドラゴン納豆

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加

機会があれば今年の縁起物としても一度たのんでみる価値アリ。

[拡大写真]

在仏日本人や日本好きフランス人の間で静かに広まりつつある食べ物がある。その名も「ドラゴン納豆」。南仏ドラギニャンという町で作られるオーガニック納豆だ。納豆といえば、まず外国人が日本食材で苦手にするものの一つと思われがちだが、なぜフランスで、しかもフランス人が納豆を作っているのか。早速、取り寄せてみた。

じつはドラゴン納豆、店頭では取り扱っていない。毎週金曜までに受けたオーダー分の納豆を週末に製造し、週明け月曜に各家庭へと発送する完全注文生産方式を採っている。価格は1パック150グラムで3.6ユーロ(約366円)。最小3パックより注文可能だ。送料は15パックまで4.5ユーロ(約458円)。フランス国内だと発送から約2~3日で到着する。日本の価格と比べれば高いが、フランスの日本食材店で日本産の納豆を購入しても、大手食品メーカーのものが3パック各30グラム(計90グラム)で3.4ユーロ(約346円)なので、有機農法や手作りということを考慮してもお値打ちだ。

早速届いた段ボールを開けてみると、ナットー・ドゥ・ドラゴン(ドラゴン納豆)のロゴと一緒に、原料の大豆をむいている龍のイラストが描かれていた。パッケージには納豆に馴染みのないフランス人へ向けて「醤油とマスタードとネギを加え、しっかり混ぜたら、さあ出来上がり。穀物類やサラダと合わせたり、細かく切ってフレンチドレッシングに入れましょう」と食べ方の説明もある。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2011年12月30日 10時00分

注目の商品