巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ギャグ漫画家が急にシリアスになるわけ

このエントリーをはてなブックマークに追加

シリアスなスキー漫画がはじまるよ!

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

昨年のベネチア国際映画祭で、主演の2人がそろって新人俳優賞を獲得した映画「ヒミズ」が、1月14日に公開された。かなりの話題作なのですでにご存知の方も多いと思うが、この映画は、古谷実氏の同タイトルの漫画が原作になっている。

古谷氏原作の「ヒミズ」は、「行け!稲中卓球部」など3つの伝説的なギャグ漫画(筆者独断)の後の作品であり、過去の作品とはうって変わって、ギャグ一切無しで深く重いテーマが取り扱われている。ヤングマガジンの連載は 「笑いの時代は終わりました。これより、不道徳の時間をはじめます」という言葉で始まっており、過去作品とは180度異なる展開に度肝を抜かれたのは筆者だけではないはずである。

また、古谷氏以外にも、戦争や国際関係など複雑な問題に鋭いメスを入れる漫画作品「ゴーマニズム宣言」で有名な小林よしのり氏がブレイクしたのは月刊コロコロコミック「おぼっちゃまくん」であるなど、もともとギャグ漫画を作品の主体にしていた作者が、突然シリアスな漫画を書くケースは割とよくあるように思われる。

このような、「ギャグ漫画家が急にシリアスになるわけ」を調べるべく、まずは「マンガ学部」や「マンガ学科」を持つ大学に問い合わせを試みたが、「年末年始で忙しいので……」とやんわりと断られ、途方にくれていたところ、ある漫画家さんから以下のような返事をいただいた。以下、その内容を一部編集した上で掲載させていただく。

「ギャグ漫画家が急にシリアスになるわけ、とのことですが、取り立てて理由付けを必要とするほどの問題ではないように思います。
関連キーワード

ライター情報: エクソシスト太郎

フリーライター。好物:巻き寿司、仙台、日之内エミ。

2012年1月29日 10時00分

注目の商品