巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

日本人は引く ドイツ人は足す

ライター情報:柴山香

このエントリーをはてなブックマークに追加

本文に出てきたおつりの金額。1ユーロと、50ユーロセント。50ユーロセント硬貨の方が、若干大きめです。

[拡大写真]

ドイツのスーパーマーケットで、合計18.50ユーロ分の買い物をしたとします。会計レジで20ユーロ紙幣を1枚支払った場合、おつりの額は、20-18.50=1.50ユーロ。おつりの算出には、20から18.50をマイナスする「引き算」を使うのが自然の発想です。少なくとも、日本人にとっては。このように、日本人ならごく当然のように「引き算」をする場面で、ドイツ人は、逆に「足し算」をすることが当たり前なのです。

通常はレジスターがおつりを自動計算してくれますから、店員が暗算する必要などありませんが、おつりの自動計算機能がついていないレジでは、ドイツならではの計算方法にお目にかかることができます。

さて、レジに座っているのは、小学校以来、ドイツ式の計算方法のみを習ってきた店員。レジスターはおつり額を表示してくれないので、自ら暗算するしかありません。

このレジ係は、買い物の合計金額「18.50ユーロ」と、お客が差し出した「1枚の20ユーロ紙幣」を見比べつつ、おつりの計算を始めるわけですが、その際、レジ係の頭に浮かぶのはあくまで「足し算」。はたして、足し算だけでおつりの計算なんてできるのでしょうか。なお、参考までに付記しますと、ユーロ通貨圏には「ユーロ」と、その下の単位「ユーロセント」という通貨が流通しており、100ユーロセントが1ユーロに相当します。

それでは、ドイツ式おつりの計算方法を追ってみましょう。

まずレジ係は、お客さんに50ユーロセントのコインを1枚差し出しながら、「19ユーロ」と言います。

ライター情報: 柴山香

ドイツ在住16年目。独日通訳、日本語教師など、数足のわらじが玄関に並ぶ。

2012年2月20日 10時00分

注目の商品