巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

マンガ・ドラマの「2番手の男」に惹かれる理由

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱりナンバーツーも、気になりますよね(写真はイメージです)。

[拡大写真]

マンガやドラマにおいて、ヒロインの相手役の男性よりも「2番手」のほうが好き、という人はけっこう多いもの。

たとえば、古くは、SMAP・木村拓哉の人気が一気に上昇したドラマ『あすなろ白書』(1993年放送)での取手治役。
ヒロイン・石田ひかりを後ろから抱きしめ、「俺じゃダメか?」と聞くシーンには、多くの女性がキュンとしたものだった。
そして、小栗旬のブレイクのきっかけとなったのも、『花より男子』でヒロイン・牧野つくしを常に優しく見守っている花沢類役だった。
ちなみに、『花より男子』のCDブック(1993年)で花沢類の声を木村拓哉が担当していたのも、興味深い点である。

さらに、先の2作に比べると、ドラマの注目度はだいぶ小粒になってしまうものの、昨年放送されたドラマ『美男ですね(日本リメイク版)』でヒロインを気遣い続ける藤城柊を演じたKis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔も、このドラマで新たなファンを獲得している。

いったいなぜ「2番手」に惹かれるのか。
あるマンガ編集者は、こう分析する。
「マンガやドラマを見るとき、ヒロインに自分を投影する人もいますけど、そうではなく作品を俯瞰から眺めたとき、ヒロインとは結ばれない・報われない思いの切なさにキュンとくる『報われない萌え』っていう感情もあると思うんです。これは、幸せな恋では得られない、切なさを見守るトキメキですよね。一方で、少女マンガの読者は、ヒロインには最終的に幸せになってほしいと願う人が多いんです。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2012年3月8日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品