巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

これからの時代に“電気のいらない自動ドア”

電気いらず。人の重さにより、てこの原理で「グイ~ン」と開く自動ドア。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

東日本大震災が起きて以来、“節電”というキーワードが頭から離れないのは皆さん同じだと思う。
だからこそ、今こういった物が脚光を浴びている。株式会社有紀(福島県会津若松市)が開発した『オートドアゼロ』は、電気を使わずに開いたり閉まったりする“電気不要の自動ドア”。

……って、どういうドアなのか? もちろん、ドアの前に立って開くのを待つのは通常の自動ドアと同様。すると、ドアの前にある踏み板が約2センチほど沈み込む。そして、「グイ~ン」と扉がオープン。はい、いらっしゃいませ!
実はこの自動ドア、電力ではなく“人の重さ”の力を採用しているんです。原理は、まさに“てこ”。まず踏み板の上に立つと、その重さでシーソーのようにドア下にあるピンが上がる。するとドアの中のレールが滑り、その力でドアが開くという按配。「踏んだ力」が、そのまま「開く力」となるわけだ。

そんな『オートドアゼロ』が特許を取得したのは2009年(日本、韓国、ドイツ、イギリス、アメリカにおいて)。そして、初めて店舗で活用されたのは2010年。当初の開発の目的は、以下のようなものだった。たとえば衛生面に気を付けるべき病院内で、院内感染を防げるようドアに触れずに開閉するため。もしくは学校の保健室や在宅介護などが行われている自宅内で、手をケガしていたり誰かをおぶっていてもドアが容易に開くように。結果、発売してからの2年間で販売台数は4台ほどだったそうだ。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年4月26日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品