巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

カチカチに凍った、固いアイス専用のスプーン

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルミニウムの熱伝導率の高さを利用。溶かしながらすくい出す。

[拡大写真]

ここ半年で7キロ太ったのだが、原因は大体わかっている。食い過ぎ。ごはんが美味しい。お菓子が美味い。
あと、ヤミツキになったルーティンがある。お風呂上りに食べるアイス。浴室から腰タオルのままキッチンに現れ、冷凍庫から霜のかかったハーゲンダッツを取出し、チョコチップの表面をスコップのようにスプーンですくい出す。至福だよ。良過ぎるだろ。

ただ、それだけではない。買いたてのハーゲンダッツを夢想したら、思い出した。何、あの固さ。表面をこじ開けるのに、どれ程のパワーを使っているだろうか。美味しいからカンベンしてあげてるけど、並みの美味しさだったらとっくの昔に糾弾してる。

……ちょっとイラついてしまいましたが、大丈夫です。どうやら、こんなお助けアイテムがあるらしいから。デザイナー・寺田尚樹氏が開発し、株式会社タカタレムノスが昨年の11月末より発売している『15.0%』は、カチカチに凍ったアイスを食べるためのスプーン。なぜかこのスプーンを使うと、サクッとアイスがすくえるらしいです。

でも、どうしてアイスが食べやすくなるのか? 同社に伺ってみた。
「素材に無垢のアルミニウムを使用しています。アルミニウムの熱伝導率の高さを利用し、スプーンの持つ手の体温でアイスクリームを溶かしながらすくい出すことができます」(担当者)
また、形状にも工夫は施されている。全体が、手の平に馴染むふっくらとしたフォルムになっているのだ。これを指先だけでなく手の平全体でスプーンを包み込むように持つと、カチカチに凍ったアイスクリームを掘っても手が痛くなりにくい。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年5月30日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品