巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

かわいすぎて食べられない? 名古屋で噂のスイーツ「ぴよりん」

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぴよりん(300円)。「店内でお召し上がりの際は、こだわりのコーヒー、トアルコ・トラジャ・ブレンドとともにぜひ!」とのこと。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

名古屋の土産物業界でヒットを飛ばしている商品がある。名古屋コーチンのひよこをモチーフに作られたプリン「ぴよりん(300円)」。昨年9月に「愛知のふるさと食品コンテスト」で最優秀食品に選ばれ、今年2月には財団法人食品産業センターが主催する「優良ふるさと食品中央コンクール」で農林水産省食料産業局長賞(新製品開発部門)を受賞。見た目のかわいさと相まって、飛躍的に販売数を伸ばしている。どんなスイーツなのか? ぴよりんを手がけたJR東海フードサービス株式会社でお話をうかがった。

「ぴよりんとは、ご当地食材である名古屋コーチンの卵を使ったプリンを香り豊かなバニラムースで包みこみ、スポンジを粉末状にしてちりばめた、ひよこ型のスイーツです。当社女性パティシエによる手作りのため、各ぴよりんの表情は少しずつ異なります。キュートな見た目と、ほんのり甘くて滑らかな口溶けをお楽しみください」(担当者)

発売当初は月5000〜8000個の販売だったが、農林水産省食料産業局長賞を受賞してからは売り上げは月1万5000個〜2万個と一気に伸びた。以後、コンスタントに売れ続け、8月末で累計販売個数(季節限定商品含む)が14万個を越えた。順調に巣立った形のぴよりんだが、商品開発には試行錯誤も多かったという。

「ぴよりんはプリンそのものをバニラムースで包み込んでいます。ゆえに形を維持するのが難しく、バニラムースの硬さや崩れないケーキ型に苦心しました。

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2012年9月14日 07時00分

注目の商品