Excite Bit

巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

フォロワー3万人!役に立たない英語をつぶやき続けている中山さんの正体

2013年1月17日 07時30分 (2013年1月24日 11時31分 更新)

ライター情報:やきそばかおる

「素敵な有刺鉄線ですね」「ありがとう。自分で編んだんです」(「試験に出ない英単語」より:イラスト 千野エー)

[拡大写真]

「部長は真っ裸でサンタクロースを追いかけていた。」
The department manager tried to tackle the Santa Claus while completely naked.

「ボブは打合せ中に偶然、クライアントの性感帯を発見した」
Bob accidentally found a client's erogenous zone in the business meeting.

覚えたところで何の役に立たなさそうな英語を、ツイッターでつぶやいている男がいる。彼の名前は中山さん。毎日、どんどん増えているというフォロワー数は38943人(2013年1月15日現在)。あっという間に4万人を超えそうな勢いだ。昨年の10月には「出ない順 試験に出ない英単語」(飛鳥新社)と題して、試験に出ない英文150例(イラストつき)に、ネイティブの発音で聞けるCDもつけて発売。一体、中山さんはどんな人なのか?早速、お話を伺った。

――全く役に立たない英語をつぶやき始めたきっかけは何ですか?
「始めたのが2011年10月で、当時、ツイッターを始めようと思ってましたが、せっかくなら、何か変わったことができないかと思いまして。それで『試験に出ない単語』をテーマに、日本語の例文と、訳した英文をつぶやき始めたんです」

ツイッターや他のサイトなどで噂になり、昨年の春頃からフォロワー数が急増。通常でも1日で100人ぐらい、最大で1万人も増えたことがあるという。

――例文を外国人に見せた時の反応はいかがでした?
「失笑でしたね(笑)」

実は、中山さんは英語にまつわるお仕事をしているわけではなく、映像制作の仕事に携わっている。英語の勉強を始めたのは、社会人になってからだそうだ。なぜ、英語の勉強をしようと思ったのだろうか?

「色々理由はあるのですが、一つは学生の頃に、親に『文系の大学に行くんだったら、英語だけは理解できるようになってくれ』って言われまして。

関連写真

「あそこでヘッドスピンしている老紳士は誰だい?」「弊社の会長です」(「試験に出な...

「彼は4回転ジャンプを跳ぶ、唯一の露出狂です」(「試験に出ない英単語」より)

「うっかり700人殺してしまったが、持ち前の明るさでなんとかカバーした」(「試験...

珠玉の役に立たない英文が150ネタも。「試験に出ない英単語」(飛鳥新社)

中山さんが使用した英語の参考書(ごく一部)

関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。
Twitter: @yakisoba_kaoru

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

モバイルでコネタをチェックしよう!