巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

2月2日はツインテールの日! ツインテールの日に女性に贈るものって?

夏休み、幼馴染が家に遊びに来て…、扇風機に『あああああああーーーー』と無邪気に戯れる瞬間。(モデル:三戸なつめ/写真・文:古谷完) ※古谷さんが最も気に入っている写真。「うっかり、写真集・晴れのちツインテールに掲載するのを忘れた」とのこと

( 1 / 5 )

[その他の写真を見る]

2月2日はツインテールの日。今、ツインテールが脚光を浴びている。昨年11月に発売された、世界初のツインテール写真集『晴れのちツインテール』(飛鳥新社)は異例の大反響で、発売からわずか3日で増刷が決まったという。今回は、「日本ツインテール協会」会長の古谷完さんに、ツインテールの魅力と2月2日の「ツインテールの日」についてお話を伺った。

――まずは「日本ツインテール協会」そのものが気になるんですけど、活動のねらいは何ですか?
「一言で言うと、女性の皆さんが思ってらっしゃる『ツインテールは子どもがするもの』といった誤った認識を解いて、ツインテールは素晴らしい髪型だということをアピールすることです」

古谷さんによると、ツインテールは大人の女性がするとより魅力的になるのに、子どもがする髪型だというイメージのまま大人になった人が多いという。事実、女性に「ツインテールにして」と言うと「私、もう25歳だよ。ツインテールって、子どもがする髪型でしょ」と言われてしまうことがあるそうだ。
「特に『セーラームーン』のイメージが強いこともあって、ツインテール=子どもっぽいというイメージになってしまっているのではないか…?と「日本ツインテール協会」では思っています。それ故、高校生や大学生以上になると、ツインテールは邪険に扱われるようになってしまいます。ツインテール好きとしては、『このままでは、ツインテール女子が絶滅してしまうのではないか!』と思い、いても立ってもいられず2012年1月に『日本ツインテール協会』を立ち上げました」

ツインテールに対して、ここまで真剣に考えていた人が他にいただろうか?その後「日本ツインテール協会」は2月2日を「ツインテールの日」と制定。

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2013年1月31日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品