巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

初恋の味!? リコーダー型のバレンタインチョコ

実際に奏でることもできるリコーダー型チョコ、「Flute a bec(フルート ア ベック」は1本5,250円(税込)。郵送不可、店頭受け取りのみで予約は2月4日までだそう。

[拡大写真]

今年もいよいよバレンタインが近づいてきた。毎年、どのチョコにしようか悩みまくるという女子の皆さんも多いのでは? 私も1月末くらいから何かおもしろいチョコないかな~とあれこれ探していたところ、なんと実際に吹けるリコーダー型のチョコを発見! 昔、こんなリコーダーで「コンドルは飛んでゆく」とか吹きましたよね……。放課後、好きな女子の……なんていう不心得者もいたのでは? 今の小学生もリコーダー学習ってやっているのかなぁ……。

と、そんな甘酸っぱい記憶が蘇るこのリコーダー型チョコ。大阪のリーガロイヤルホテルが今年、企画した「Flute a bec(フルート ア ベック」なる商品で、ホワイトとビターの2種類があり、お値段は1本5,250円(税込)。いや、これは義理では渡せない値段ですよね。今のところ、2本のうちではビターの方が若干人気が高いそうだ。

リーガロイヤルホテルではこれまでにも恐竜やボトルシップなど男性の趣味や遊び心にアピールするチョコを作ってきたのだが、今年は「音の輝き」をテーマに、実際に音が鳴ったらおもしろいのでは……? と、誰もが一度は手にとったことがあるリコーダーを思いついたのだそう。

広報の方によると、「ハンドメイドのため、きちっと正しいドレミの音階ではないですが、押さえる位置によって音は変わります。小学校の教室で、吹いた頃を思い起こさせるような愛らしい音色です」
とのことで、リコーダーの現物を参考にオリジナルの型をつくり、穴の部分は手作業でひとつひとつ開けているとのことで気合い入ってます!

デリケートな商品のため郵送は不可で、店頭で受け取り可能な人のみに限られるが、そんじょそこらでは手に入らないレアな贈りものとなりそう。

2013年2月3日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品