巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

新生活、“朝活手帳”で夜型を直す

このエントリーをはてなブックマークに追加

寝てるだけじゃもったいない!

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

婚活や娠活など、密かにブームになっている「○活」。その中のひとつに、朝活というのがある。朝の時間を有効利用して、勉強や運動など、自分のやりたいことをやるというもの。早起きして読書をしてみたり、ジョギングをしてみたりなど、忙しいサラリーマンなどを中心にその活動は密かに広まりつつあるらしい。

この朝活、実際にやってみようとすると、三日坊主になってしまったり、なかなか難しい。そんな中、とある朝活の推進者が、朝活生活をサポートする手帳「朝活手帳」を提案していることを知った。文庫本よりも少し大きめのサイズで、水色の表紙がさわやかな朝を連想させるこの手帳の仕組みについて、手帳の作者である池田千恵さんに聞いてみた。

まずこの手帳のもっとも大きな特徴が「朝活ポイント」というもの。朝の30分=1ポイントとし、その時間に起きることができたらポイントが貯まるという仕組みである。例えば朝5時半に起きて、8時半まで読書をしたとする。そうすると、 合計180分、6ポイントが貯まる。手帳には「本日の獲得ポイント」を記入できる欄と、貯まったポイントをグラフにできる欄が設けられており、自身の朝活状況をリアルタイムかつ適格に把握することが可能となっている。

ヨドバシカメラ顔負けのポイントシステムにより、「この1週間でトータル何ポイント獲得できたかなど、達成度がすぐにわかるので、努力の軌跡が見えやすく、早起きのモチベーションアップに役立ちます」とのこと。
関連キーワード

ライター情報: エクソシスト太郎

フリーライター。好物:巻き寿司、仙台、日之内エミ。

2013年3月30日 07時00分

注目の商品