巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

どんなに早くても、最低3年以上はかかるイタリアの離婚

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸せな結婚式。でも「永遠の誓い」はなかなか難しいものなのです

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

日本で協議離婚する場合は、当人同士の署名と捺印、プラス、証人2人が署名と捺印した離婚届を必要書類と共に役所に提出するだけで簡単に離婚が成立する訳ですが、イタリアは流石カトリック総本山のお膝元。第二次世界大戦以降は1970年まで法的な「離婚」が存在していなかったのです。(カトリック教では宗教上、離婚はあり得ないことになっています)

そんな国ですので、現在も正式に離婚するには、「別居」から3年以上の時間が過ぎない限り「離婚」には至らない仕組みになっているのです。

ではここで、一番簡単な協議離婚を例に、イタリアの離婚の流れを説明しましょう。

イタリアでの協議離婚の第一ステップは「別居」の申請から始まります。この申請は、正式書類を作成の後、(基本的にこの書類は、弁護士が作成する必要はないそうですが、あくまで法的な書類文書なので、一般の方では作成が困難ため、弁護士に作成してもらう方が多いようです)、この書類を裁判所の事務所に届け出て、裁判の予約をします。市町村にもよりますが、ミラノでは、この予約から通常5~6ヶ月後に、裁判の日程が設定されるようです。裁判と言ってもあくまで「協議離婚」ですので、裁判官が提出された書類文書を読み上げ、双方に間違いないかを問いただし、両者が同意した後にこの書類に署名することで、「別居」が正式に認められます。

ちなみにこの「別居」はまさしく「結婚」と「離婚」の中間地点に位置するため、夫婦それぞれに、別の恋人が存在しても法的に「不倫」扱いにはなりませんし、別の恋人と同居することも可能。
関連キーワード

ライター情報: 山口けいと/studio woofoo

ヨーロッパ在住25年以上経過。現在はミラノ在住のインテリア・デザイナーということになっていますが、本当は料理、旅行、スポーツが大好きなただの遊び人。

2013年8月5日 07時00分

注目の商品