巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

10代はボカロにどこで出会い、惹かれるのか

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月13日発売のオールボカロ系コミック誌『COMIC@LOID 1』
イラストレーター:たま
(C)INTERNET Co., Ltd. All rights reserved.

[拡大写真]

最近、カラオケランキングに全く知らない曲名・アーティスト名がズラズラ並んでいると、きまって「ボカロ」だという。
また、中学生などにハマッているものを聞くと、全く知らない「ボカロ」の名前が並ぶ。
「ボカロ」とは、「ボーカロイド」のことで、もともとはヤマハが開発した音声合成技術のこと。その技術を使った製品を「ボーカロイド歌声ライブラリ」と言い、「初音ミク」などはその一種だ。
2007年に登場した「初音ミク」が大人気ということ、ツインテールのキャラだということなどは一応知っているし、「鏡音(かがみね)リン」「巡音(めぐりね)ルカ」などの名前も聞いたことはある。
でも、今、ボカロは一部のオタク的人気ではなく、かなり一般的人気になっているらしい。

テレビでもやっていないし、新聞や一般誌には載っていないのに、10代の子たちはどこで「ボカロ」に出会い、どこに惹かれるのか。
7月13日に発売されたオールボカロ系コミック誌『COMIC@LOID(コミカロイド)』編集部(安達薫編集長、小松大輔さん)に聞いた。

「昨夏に、ボーカロイド関連のイベントで来場者200人くらいにボカロに関するアンケートをとったところ、10代の小中高生が3割程度で、いちばん多かったのは20代前半から20代中盤でした。その層は5年前、当時高校~大学生くらいのときに初音ミクのブレイクでボカロにハマッた人たちで、ボカロが常に10代の心をつかんでいるということがわかりました」

ボーカロイド製品は、海外メーカーの製品が2007年以前からあったが、日本では音楽関係者などへの浸透に留まっており、「初音ミク」がパッケージに女の子のキャラクターを採用したことで、爆発的ヒットにつながったそうだ。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2013年7月29日 07時00分

注目の商品