巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないのか?

ライター情報:鶴賀太郎

このエントリーをはてなブックマークに追加

『子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないの?』(日経BP社)。内田樹さん、瀬戸内寂聴さん、福岡伸一さん、養老孟司さんなど現代を代表する8人の賢人がこの難問に正面から答えている。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

「なんで勉強なんてしなくちゃいけないの?」

子どもの頃、大人に質問して「いい学校に入って、いい会社に入って、お給料をたくさんもらえた方が幸せになれるのよ」という身もフタもない返答をされた人は結構多いのではないだろうか。

そう言われて「そりゃそうだ、がんばって勉強しなくちゃ!」と納得した人はまずいないだろう。いや、そんなににべもない回答でなくとも子どもを得心させるのは難しい。誰だって子どもに真っ直ぐな瞳で、勉強をする意義を問われたらひるむに違いない。

その問いにひるむことなく正面から回答している賢人たちがいる。
『子どもはなぜ勉強しなくちゃいけないの』(日経BP社)では、日本を代表する8人の識者 ー 荒俣宏さん、内田樹さん、瀬戸内寂聴さん、坂東眞理子さん、福岡伸一さん、藤原和博さん、茂木健一郎さん、養老孟司さん ー が子どもたちにそれぞれの言葉で語りかけている。

「人間は動物よりも多く勉強をして生き残った」と荒俣宏さんは語り、「勉強をするのは『自分のため』じゃない」と内田樹さんはいう。福岡伸一さん、藤原和博さんは口を揃えて勉強することによって「自由になれる」という。

アプローチこそ違えど、8人の識者は子どもだと言って適当にあしらうようなことをせず、質問の本質に迫る回答を真摯に子どもにも伝わる平易な言葉で真剣にしている。

ありそうでなかったこのような本を企画し、8人に話を聞いてまとめた育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささんはいう。
関連キーワード

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/マーケティング・イベントプランナー。
国内外の著者インタビュー、映画監督インタビューを得意とする。グアム国際映画祭、茅ヶ崎映画祭にも関与。

URL:http://mywifescamera.blogspot.com

2013年7月28日 07時00分

注目の商品