巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

初秋のエアコン、一定温度設定なのにいやに暑い

ライター情報:田幸和歌子

季節の変わり目。どんな使い方してますか?(写真はイメージです)

秋本番。過しやすい季節になったものの、時折暑い日もまだあり、エアコンのお世話になることもある。
そんなとき、家の中でエアコンを使っていたのに、外に出た瞬間に、外気のほうが意外に涼しくて驚くことがある。

また、エアコンの設定温度は夏と同じ27~28℃だが、夏に使用していたときに比べて いやに暑く感じる。
エアコンの調子が悪いのかと思い、送風口に手をかざしてみると、風は止まっているが、設定温度を下げたりハイパワーにしたりすると、動き出す。

これってどういう状況なのだろうか。外気との温度差の関係? 初秋など外気が下がってくる時期には、もしかしてエアコンの温度設定も下げたほうが良いということだろうか。
ダイキンのお客様相談室に聞いた。

「確かにこの時期、『エアコンを一定温度にしているのに暑く感じる』という方は、よくいらっしゃいます。エアコンは部屋の中の温度を見つつ、制御しているため、設定温度と室温が近い場合には、ほとんど止まった状態になることもあるのです」

外気との温度差があまりない状態のため、何らかのエラーを起こしているということ?
「エラーの場合には、運転ランプが点滅するなど、お知らせが出るケースが多いため、特に何も出ていないのだとすると、おそらくエラーではないと思います。暑く感じられるのは、外気との比較になるため、どうしても体感的なところが大きいかと思いますよ」

30℃超えの日々に慣れていた頃は、28℃の室内を涼しく感じたが、外気が30℃を下回ると、28℃の室内を暑く感じるということは大きいようだ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2013年10月4日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品