巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

一億人総グルメ批評家時代の真逆を行く「不味そう飯」

残り物の野菜炒めとボイルしたイカを切らずにうどんに投入。味噌煮込み風にするため、味噌を付けながら味わう多国籍風メニュー。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

外食に行くなら「食べログ」、料理を作るときもネットで検索するのが当たり前になった昨今。TwitterやFacebookでも食に関するこだわりを語ったり、写真をアップする人が多い。そんな中、見た目も味もよい“よそ行きゴハン”に、ナナメ上から斬り込んでいるブログがある。

『37564学園』などの著作で知られるホラーマンガ家の神田森莉さんが日々の食事をアップしているブログ「不味そう飯」には、例えば煮物に餃子、さらにゴーヤーを入れて煮込んでみた……というような残り物を混ぜた“何か”や、カチカチの冷やご飯にサバの缶詰をのせてマヨネーズをトッピングした“何か”など、一見してヤミ鍋風のメニューが並んでいる。

リモコンや歯磨き粉などが散らばった、明らかに片付けてないテーブルに置かれたメニューの写真もインパクトありすぎなのだが、そこに「オリエンタルな初夏のそよかぜ」「お食事砂漠」「マヨネーズを足すと宇宙が産まれた」といった謎のコピーが添えられているのもツッコミどころ満載。

メニューは「肉」「チーズ」「味噌」など、使用食材などでジャンル分けされているのだが、「ゴミ」「ゲロ」って……一体どんなメニュー??? さまざまな疑問を解き明かすべく、ご本人に話をうかがった。

――どんなきっかけで「不味そう飯」をスタートされたんですか?
「5年ほど前に携帯サイトをはじめたんですが、毎日更新できるコンテンツがひとつ欲しいなと思ったんですね。
関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2013年12月4日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品