巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

気になる人へだけでなく、異国の子どもにも愛を送る“寄付つきチョコレート”

このエントリーをはてなブックマークに追加

どこかに、アフリカの子どもたちが描いたメッセージが隠されている

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

新年が明け、お正月が過ぎ、次なるイベントは何だ? ……そうです。バレンタインが近付いてまいりました。
女子から男子へ向けた愛情表現の意味もあるし、当然“義理チョコ”なんてものも存在する。フレンドリーに、プレゼント的意味合いだってあるかもしれない。

では、バレンタインチョコを“プレゼント”として考えてみましょう。決して、目の前の人へ向けてばかりではない。というのも現在、「1つ購入すると、アフリカの子どもに学校給食1食分をプレゼント」できるチョコが発売されているんです。

ここで、振り返ります。以前、コネタにて「TABLE FOR TWO」(以下「TFT」)なる取り組みをご紹介させていただきました。直訳すると、「二人のための食卓」。社員食堂や店舗等が提供する“ヘルシーメニュー”を購入すると、その代金の内20 円が寄付となり、アフリカの子どもに給食1 食分をプレゼントできる。そんな試みです。
このシステムを、そのままバレンタインに当てはめている。今回はTFTとOisix(おいしっくす)がコラボし、1月16日より『【バレンタイン限定】TFTパッケージ入りダークチョコ』(税込み525円)が個数限定で発売されているのです。
「毎年、バレンタインになると『大切な人に何を贈ろうか?』と悩む方も多いかと思います。“寄付チョコ”ならチョコレートをもらった人だけでなく、アフリカの子どもも笑顔になり、2倍ハッピーになります。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2014年1月31日 07時00分

注目の商品