巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「かつ丼」にはなぜ外れが少ないのか考える

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなかつ丼も、愛おしい!

[拡大写真]

天ぷらや蕎麦、寿司、鰻、親子丼などに比べ、いわゆる「超有名店」というのは少ない、かつ丼。でも、どこで食べても、そこそこに美味い安定感・安心感は異常だと思う。

高級店の高いかつ丼はもちろん美味いが、不味いなら不味いなりの美味さがある。
肉が薄くても、柔らかくなくても、アツアツでなくても、なんならスーパーの惣菜コーナーのかつ丼だって十分楽しい。

なぜかつ丼は、こうも外れが少ないのだろうか。勝手に真剣に考察してみたいと思う。

■「卵とじ」「ソースがらめ」の万能調理法
もともと「卵丼」があるくらいだから、卵と甘い出汁でとじて不味いわけがない。加えて、玉ねぎの甘みもあって、しかも、具材はボリュームある「かつ」。「美味しい」の上に「美味しい」を重ねていくわけだから、ますます美味しいに決まっている。
一方、ソースかつ丼のソースのパンチ力は無敵。さまざまな野菜類がとけこんでいるソースは、全ての材料に一体感を与える包容力がある。
というわけで、この二大調理法を用いれば、特にカリッとしていなくても、アツアツでなくてもOK。揚げ衣が卵やソースを十分に吸い込むことで、衣がふやけていることすらも魅力になる。

■鶏でも牛でもない、豚の強み
値段と味が比例する牛に比べて、豚は安くても美味い。鶏肉も安いが、案外扱いがデリケートで、パサパサになりやすいのが難点。
また、親子丼などは、卵のトロトロ具合で味の差がかなり出るが、かつ丼なら、卵がトロトロでなくとも、衣とあわさることでカバーできる。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2014年3月7日 07時00分

注目の商品