巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

姫路の伝説のモノレール駅跡に産業遺産写真家、前畑温子さん興奮

このエントリーをはてなブックマークに追加
伝説のモノレールともいうべき「姫路市営モノレール」をご存じだろうか。1966年に「姫路大博覧会」への交通手段として開業。姫路駅から手柄山駅まで3駅1.6kmの距離を運行。営業区間が短いことや、いろいろな事情があって、8年で廃線となった。そんな全国の「産業遺産」を巡っている女性がいる。名前は前畑温子さん。『女子的産業遺産探検』(創元社)の著者で、産業遺産を巡るツアー企画の立案などを行うNPO人J-heritageの設立にも関わっている前畑さんに、産業遺産の魅力について伺った。

「姫路市営モノレールが廃線になったのは1974年。手柄山駅のホーム等が残っていることは地元の人ですら、知らない人も多いと思います」(前畑さん)

およそ5年ほど前に訪れた時のこと。
係員に「ここから入ってください」と案内されて通された場所は、壁をぶち抜いた穴。
穴をくぐってキョロキョロとまわりを見渡すと、頭上にブルーとシルバーの大きな物体があるのを発見。
いよいよご対面である。


「めっちゃ、かわいいやん!」
手柄山駅(2008年に特別な許可を得て撮影)

「ドキューン! あまりのかわいさに、心を撃ち抜かれてしまいました」
――そのままの状態で保存されてたんですか?
「駅に隣接して車両基地があったんです。そこから、ホームのあった場所に運びこまれたようです」
ちなみに、駅には廃線する際に行われた式典の時につけられた装飾などが、ほぼ当時のまま残っていたという。

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2014年6月25日 09時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品