巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

流行中の「マスキングテープ」 人気の秘密とは

こんな太いマスキングテープまで。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

最近は工場見学ブームだ。
ビールをはじめとしたアルコール、お菓子に食べ物などなど、いろいろな工場見学があるが、倉敷には2週間8000人の来場者を誇る工場があるという。
それも抽選式。それほどの人気を誇るのは、マスキングテープの“mt”である。

女性を中心に人気のマスキングテープだが、元を辿れば職人さん必須のアイテムだった。特に日本産マスキングテープは「薄いのに強度がすごい!」と、世界的に有名な人気商品であったという。

mtの母体であるカモ井加工紙株式会社さんは、車や家具を塗装する際に使われる工業用テープを作り続けて50年。
そんなカモ井加工紙株式会社さんに転機が訪れたのは、2006年のこと。工場見学をしたいという東京の女性3名が訪れたのだ。その彼女たちが作ったマスキングテープのミニブックが、これまでのイメージを覆す雰囲気の一品だった。そんな彼女たちのリクエストもあり、デザインマスキングテープを作るようになったそうだ。
そして生まれたのが、マスキングテープの“mtブランド”である。

カラフルな色、可愛い、渋い、格好いいデザイン。まるで色鉛筆のようなマスキングテープから端を発して、現在までに限定品含め約1,000種のマスキングを制作。太さも細い物から太い物までさまざま。もともとの工業用テープのノウハウを生かしているため強度がある。さらに和紙特有の強く柔らかく、透ける味わいを生かしさまざまなデザインを作り続け、多くのマスキングファンの心をわしづかみにしている。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2014年7月24日 08時20分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品