巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

名君・徳川吉宗は経済オンチだった!?

ライター情報:鶴賀太郎

このエントリーをはてなブックマークに追加

時代劇と経済を通じて江戸時代のことが身近に感じられるようになる『エドノミクス~歴史と時代劇で今を知る』。著者のエコノミスト飯田泰之氏と、時代劇研究家の春日太一氏は高校の部活の先輩後輩だ。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

水戸黄門、暴れん坊将軍、忠臣蔵、新選組――
江戸時代といえば、時代劇や時代小説、落語などを通じて、われわれにとっても馴染みの深い時代。エンターテイメントとしてあまりにも馴染みがあるため、ついついフィクションの中の世界と思いがち。でも江戸時代は実在したし、そこには生活があり、それにともなう経済が存在したのだ。

そのことを再認識させてくれ、江戸時代を、そのエンターテイメントをより面白く身近にしてくれる本が発売された。

『エドノミクス〜歴史と時代劇で今を知る』(扶桑社)。
著者はリフレ派の論客として20代の頃から10年以上論陣を張ってきた人気エコノミストの飯田泰之氏と、『天才 勝新太郎』・『あかんやつら』などのヒット作で一躍有名になった時代劇研究家の春日太一氏だ。

同じ高校の部活の先輩後輩でもある気鋭の二人がタッグを組み完成した本書は、江戸時代を経済の観点から読み解く飯田氏のコラムと、時代劇の描かれ方に潜む批評性を紐解く春日氏のコラムと、二人の対談から構成されている。

「僕も春日くんも歴史考証にがんじがらめになると、エンターテイメントとしての時代劇はつまらなくなってしまうと思っています。でも簡単な時代の雰囲気は皆さんと共有できたら嬉しいなと思って書きました」

先輩にあたる飯田氏が、執筆意図について話してくれた。

「たとえば1820年代の江戸はバブル景気だったとか、逆に1840年代末から50年にかけてから世の中はかなり暗かったんです。

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/マーケティング・イベントプランナー。
国内外の著者インタビュー、映画監督インタビューを得意とする。グアム国際映画祭、茅ヶ崎映画祭にも関与。

URL:http://mywifescamera.blogspot.com

2014年8月13日 08時10分

注目の商品