巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

駅の改札、ICカードのタッチのしかたに東西で差が!

ライター情報:スズキナオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたのタッチはどんなタイプ?

[拡大写真]

終電近い電車を降り、改札を出ようと歩いていたら、前方の長身スレンダーな女性がsuicaを激しく叩きつけるようにタッチしていて、呆然と見とれたことがある。なんかちょっとカッコよかったけどあんな乱暴にタッチしていいのか……?

ICカードのタッチについては、JR東日本のウェブサイト上にこんな風に説明されている。「Suicaマークのついた読み取り部に、しっかりタッチしてください」、また、「確実に通信範囲内を通過するようしっかりタッチしてください」と。“通信範囲内”とはリーダー部から約10センチだという。詳しくはこちらを

まあ、そりゃそうだという感じだ。とにかくピッと反応する近さまでカードを近づけて……あれ、普段どうやってタッチしてたっけ。

ICカードってどんな風にタッチしてる? と唐突に友人に聞いてみた。すると驚いたことにこんな返答があった。「カード入れに指を回して握る。そうしたら(ICカードリーダー部に)当たるのは指だから」

お分かりだろうか、いわば指を“台座”のようにしてカードそのものをリーダー部から少し浮かせているわけだ。

え、なんで? と聞くと「カード入れを汚したくないんだよね」という。別の友人も「結構気に入ってるパスケースだから、俺も少し浮かせてる。直には当ててない」というのだ。なんかちょっと神経質というか、なんか「もっと肩の力抜いて行こうぜ!」と声をかけたくなる。

しかし驚きはこれだけで終わらなかった。
関連キーワード

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2014年9月10日 08時10分

注目の商品