巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

福島の魚は安全なのか? 漁業復興に向けた「試験操業」とは

ライター情報:古屋江美子

沖合たこかご漁業の試験操業の様子(写真提供:福島県)

[拡大写真]

魚好きなら「常磐もの」(じょうばんもの)を知っているだろう。常磐ものとは、福島県など常磐沿岸で水揚げされる魚介類のことで、ヒラメやカレイが代表的。原発事故以前は築地市場などでも高く評価されていたブランドだ。

いま、常磐ものの復活に向け、「試験操業」という取り組みが福島でなされているのをご存じだろうか? 先日、メディア向けにセミナーが開催され、漁業復興に向けた取り組みに関する説明があった。最新状況を紹介しよう。

■福島の魚はどのくらい安全なのか?
まず、一番気になるのは魚介類への放射性物質の影響だろう。福島の魚と聞くだけで、危険なのでは? と思う人もいるかもしれない。現在、県では県漁連などと協力し、毎週モニタリング検査を実施しており、その結果はすべて福島県が運営するサイト「ふくしま新発売。」で公表されている。

福島県水産試験場の漁場環境部長である藤田恒雄さんによれば、これまでに検査した海産魚のうち、100Bq/kgを超えたのは約1割。正確にいうと、178種類2万559件のうち、73種類2049件が100Bq/kgを超えたという。

1割と聞くと多いように感じるかもしれないが、これは2011年4月~2014年8月まで全期間の数字であることに注意したい。100Bq/kg超えの割合は時間と共に低下しており、今では100件やって1件でるかどうかというところ。約8割は不検出だという。

もちろん、すべての魚介類が同じように低下しているのではない。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2014年9月23日 09時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品