巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ついに「一風堂」も進出! ロンドンに広がるラーメンブームを追う

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロンドンでラーメンの勢いが止まらない。「まずい」と言われ続けた英国の首都が、欧州における一大ラーメン激戦地に変貌するなど、誰も予想できなかっただろう。今や市内SOHO地区には、とんこつ(豚骨)を主体とするラーメンバー(日本でいうラーメン屋のこと)が集まり、味を競うようになった。
ロンドン市内SOHO地区には、とんこつ(豚骨)を主体とするラーメンバーが集まる

今年は既存店に加え、9月には福岡・行橋にあるとんこつラーメン「金田屋」がトッテナム・コート・ロードに、10月には金田屋の正面に、福岡の大手「一風堂」が進出した。ロンドンのラーメンの事情は、どのように動いているのか? 

ラーメンというものが、ロンドンでブームの兆しを見せ始めたのは2012年。大阪・境に本店を持つ塩ラーメン「龍旗信」が「麺屋一点張」として市内ピカデリー・サーカスに進出した。そこからロンドンでラーメンは、盛り上がりをみせていく。ロンドン三越が館内レストランにラーメンバーを設け、また「昇竜」「Tonkotsu」「ボーン・ダディーズ」など、とんこつを看板にする店も増えていった。とんこつを扱う店が一気にオープンしたことで、「ロンドン=とんこつ」のイメージができ上がった。これを盛り上がりの第一期としておこう。

その後三越ラーメンバーは、ロンドン三越自体の閉店が決まり休業してしまうものの、期間を置いた後、SOHO地区に「麺屋佐助」として移転した。麺屋佐助はロンドンでは珍しかった「つけ麺」で人々の心をとらえた。英国人シェフではボーン・ダディーズに続き、北部イズリントンに「ユナイテッド・ラーメン」が開店した。

これも読んでみては?

ラーメン屋「油そば食べる客はバカ」 原価率18%のメシウマメニュー

油そばこと汁なしラーメン。美味しくお得でカロリーも控えめだが、スープの原価コストが無い分、店にとって儲かりやすい客損なメニュー。一部では、「味オンチの客が食べるもの」や「救いがない料理」とも言う。

関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2014年10月30日 08時00分

注目の商品