巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「黒田官兵衛」大河ドラマと"本物"との違いを検証!

ライター情報:さのゆう

このエントリーをはてなブックマークに追加
大河ドラマ「軍師官兵衛」が今週、ついに最終回を迎える。大河ドラマとはいえ、ドラマである以上は、もちろん脚色はつきものだ。そこで、ドラマ内で描かれている黒田官兵衛は、“本物”の、つまり史実上の黒田官兵衛とどのような違いがあるか調べてみた。

今回は「黒田官兵衛―「天下を狙った軍師」の実像」(著:諏訪勝則/中公新書)を参考に、史実上の官兵衛とドラマの官兵衛とで3つの大きな違いについて探ってみた。

■1.黒田官兵衛は「くろだかんべえ」ではなかった!?
大河ドラマの中では、官兵衛は皆から「かんべえ」と呼ばれている。しかし実際には「かんべえ」とは呼ばれていなかったそうだ。その根拠として、1588年2月20日付のルイス・フロイスの年報に、「黒田官兵衛殿 Codera Cambioyedono」と記されている。

このローマ字での報告から見るに、官兵衛の読みは「かんべえ」ではなく、「かんびょうえ」であったと考えることができる。

■2.黒田官兵衛は「軍師」ではなかった!?
大河ドラマのみならず、官兵衛は「軍師」であったと一般的に認識されている。では、そもそも軍師は、どんな仕事をする人なのか。軍師の最も重要な仕事は、主君のそばで政治、軍事、外交的な指南をする役割。主君である信長や秀吉のすぐ傍らで、このように攻めたほうが良いなどとアドバイスする役目の人のようなイメージだ。
しかし、実際に官兵衛の主君である秀吉をすぐ傍らで支えていたのは、弟の秀長と千利休であるし、軍事面においても官兵衛が、秀吉に助言したという確実な書状等は残されていないのが事実だ。

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。イチローとMr.Childrenは別格。好きなもの=スポーツ全般(特に野球)、ラーメン、戦国史

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

2014年12月19日 11時30分

注目の商品