巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

本当にウニの味はするか? 長浜の新名物「醤油プリン」

ライター情報:古屋江美子
130以上もの観音様が守られ、「観音の里」として知られる滋賀県長浜市。実はユニークなグルメが多い町としても注目だ。気になるグルメをまとめて紹介したい。

まずは、長浜市木之本町にある創業85年を迎える老舗和洋菓子店「菓子乃蔵 角屋」。この店では2014年秋から「大幸醤油プリン」を販売している。醤油にプリンといえば、昔からウニの味がするといわれる組み合わせ。本当にウニの味はするのだろうか?
「大幸 醤油プリン」(150円税込)

食べてみると、やわらかくねっとりした食感で、濃厚な味わいのプリン。「あれ、ウニの味はしないのかな?」と思いつつ、数口食べ進めると、突然ふわりとウニを思わせる後味が! このあと、後味にウニを感じること数回。ベースはあくまでプリンだが、たまにウニっぽい味も感じる。なんだか楽しいし、美味しい。

店の人に話を聞いてみると、別に醤油とプリンでウニの味になることを狙ったものではないという。ウニの味がすることを言うと、「え、そうなの?」とむしろ驚いていた様子。もともと長浜市木之本町は、伊吹山系からの伏流水に恵まれ、造り酒屋や醤油屋が数軒あり、醸造の町と呼ばれている。そんな土地柄をいかしたメニューを作ろうと地元の老舗である大幸醤油とコラボレーションして生まれたのが、この「大幸醤油プリン」なのだそう。使っている醤油は両社が共同開発したオリジナルの「スイーツ醤油」。プリンはもちろんバニラアイスやところてんなどにも合うそうだ。
「菓子乃蔵 角屋」。日本三大地蔵のひとつがある木之本地蔵院前という好立地。2階は古民家を改装したカフェになっている

続いては、昔ながらのご当地スイーツ。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2015年4月1日 12時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品