巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「勘違いブスな女」などの面倒な女の特徴と対処法について書かれた本

このエントリーをはてなブックマークに追加
『めんどうな女(ひと)のトリセツ』(トキオ・ナレッジ 宝島社刊)が話題だ。「スマホ依存症な女」「外国かぶれな女」など、イラッとさせる女の特徴や対処法が35編に分けて綴られている。中でも“めんどう具合”が高い「勘違いブスな女」について、「めんどうな女」の監修を担当、テレビ東京でドラマ化された「正しいブスのほめ方」「正しい太鼓のもち方」の著者でもある溝端隆三さんにお話を伺った。

めんどうくさい女の一例。ミスを認めず謝らない。


●勘違いブスな女

一言で「ブス」といえども千差万別だ。
「ブスを過剰に自覚しているがあまり、性格が歪んだ『ネガティブブス』は3割程度。あとの7割方は『勘違いブス』です。勘違いブスは自分をブスと思ってないどころか、イケてると思っていて、あらゆる言動が美人きどり。恋愛上級者のように男を語りますが、多いのは経験人数だけで、交際経験は少ない(自分では付き合ったとカウント)です」
SNSは「その内容に自撮りの写真、必要!?」とツッコミたくなる自撮り投稿をほぼ毎日アップするなど、めんどくさいと思うことだらけです。

●勘違いブスな女はこんなことをしてくる


・恋愛マスターを気取る
「経験人数がやや付き合った人数が多かろうが、それは裏を返せばそれは全部失敗に終わっているということなのに、人の恋愛にアドバイスします。失敗から学べることも多いですが、どこか上から目線なところがあります」


・服のサイズが合っていない
「モデルや芸能人が着ている服を着たら、自分もその通りになると思っています。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2015年6月9日 17時00分

注目の商品