巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

真田幸村が大河ドラマに! 豪華すぎるキャスト陣から読み解けることは

ライター情報:さのゆう

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、来年の大河ドラマ『真田丸』の主要キャストが発表になりました。主演の真田信繁(通称:幸村)役の堺雅人を筆頭にかなり豪華な出演陣でした。
出演者については後ほど言及するとして、真田幸村の呼び名で知られている真田信繁はそもそもどんな実績を残した人物なのでしょうか。今回は『真田丸』の時代考証を担当する予定の平山優氏が真田家について書いた「真田三代」(著:平山優/PHP研究所)を参考に見ていきましょう。

【真田信繁の半生とは】


■人質生活を味わった信繁

信繁というと大阪の陣のイメージがあまりに強く、早くから戦果を残したと思われがちですが、青年時代は人質生活が長かったのです。
本書によると当時17歳であった信繁は父・昌幸の命を受けて上杉家へと人質派遣されます。それから約3年後に、上杉の人質から豊臣秀吉の人質へと移ったと言われています。しかし、資料があまり残っていないこともあり、時期などの詳細は分かっていません。

ところで、なぜ青年時代の信繁は上杉、豊臣と2度の人質生活を経験しなければならなかったのでしょうか。これには昌幸のしたたかな生き残り戦略が関係します。
当時の真田家は中小大名であり、うっかりしていると簡単に徳川や豊臣のような大大名に滅ぼされてしまう。そこで昌幸は上杉、北条、豊臣と従属する家を次々変えていきました。そのため、信繁は人質として身を委ねる必要があったのです。
ちなみに信繁は上杉から豊臣に移る際、隙を見て脱走したとされており、豊臣の人質時代には秀吉から気に入られ厚遇を受けていたそうです。
関連キーワード

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。イチローとMr.Childrenは別格。好きなもの=スポーツ全般(特に野球)、ラーメン、戦国史

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

2015年7月30日 11時00分

注目の商品