巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

懐かしかわいい「レモンケーキ」がブーム 開発当時はもっとリアルな形状だった

ライター情報:野崎 泉

昭和の頃、訪問先などで味わった記憶のあるレモンケーキ。黄色い薄紙に包まれた紡錘形のケーキで、たいてい紅茶と一緒に出てきたものだった(紅茶に添えられた角砂糖には、お花の飾りなんかがついていたっけ……)。

昔ながらの味がいまも残る一方、ローソンが「スプーンで食べるレモンケーキ」を発売したり、有名パティスリーが手掛ける進化した"平成版"レモンケーキがここ数年で続々と発売されている。上質なバターやバニラビーンズ、レモンピールなどを使い、リッチなテイストと爽やかなあまずっぱさを強調していることが多い。カフェスイーツとしても注目されており、書店「丸善」に併設のカフェで味わえる、梶井基次郎の小説「檸檬」にちなんだレモンケーキも大人気のようす。

高度成長期にレモンケーキブームがあった



日本でいちばん親しまれているレモンケーキといえば、山崎製パン株式会社の「レモナック」。リーズナブルな価格ながら、レモンピールの砂糖漬けや洋酒なども入っている。

そもそも、「レモンケーキ」とはいつ頃からあったものなのか? 調査してみたところ、東京都葛飾区亀有で製菓・製パンの整形用型製品を手掛ける「千代田金属工業株式会社」が、昭和40年代に日本初のレモンケーキブームを起こしたのが始まりとか。専務取締役の吉田 尚さんによると、先代社長が1973年(昭和48年)にとあるケーキ店から依頼を受けて開発したという。

「スーパーや八百屋を巡ってレモンを集め、本物から石膏で型をとるなどして開発したようです。
関連キーワード

ライター情報: 野崎 泉

歴史やストーリー、何らかのバックグラウンドのあるものに魅かれます。古本、レトロ建築、喫茶などをテーマに大人の乙女道を追求中。

URL:http://www.underson.com/bibliomania/

2015年9月3日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品