巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

立ち読み禁止のブックオフ 意図を本部に聞いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加


ブックオフの多くの店舗では写真集などを除いた本が立ち読み自由で、本が好きな人なら何時間でも過ごせてしまうような場所だ。私も漫画や旅行関係の本を探しにお店に行くことがあり、その流れで立ち読みをしてしまうことがある。

こういった立ち読みをブックオフは基本的には「良し」としているが、秋葉原など一部の店舗では立ち読みを禁止し始めている店舗があるという。

いったいなぜ?


ネットの情報によると、コミックの立ち読み禁止を実施しているのは「BOOKOFF 秋葉原駅前店」で、6階建ての大型店舗だ。

秋葉原駅前店には、他店では見かけない張り紙が。


立ち読み禁止の理由が気になったので、広報の方に電話で聞いてみると
「一部店舗は通路が狭く、多くの方がいらっしゃる店舗になるので、立ち読みをされるお客様がいらっしゃるため『商品を選ぶことが出来ない』『(女性のお客様から)男性が立ち読みして通路を塞いでいるので、通路を通れない』といったご意見を頂いており、中には『立ち読みを禁止して欲しい』といったご要望がありました。こういったお客様のご意見を取り入れ、2014年9月から自由が丘駅前店、2015年6月からは秋葉原、新宿、渋谷などの6店舗でこういった措置を取らせて頂いております。」
とのことだった。

今後全店でコミックの立ち読みを禁止!?


導入後のお客さんの反応について聞いてみると
「『これまでじっくり商品を見ることが出来なかったが、今はゆっくり選ぶことが出来る』といった声や『これまでは、男性がたくさん立ち読みしている通路(棚)には入ることが出来なかったので、非常に良かった』といった概ね好意的なご意見を頂いております」
とのことだった。
関連キーワード

2015年9月8日 17時00分

注目の商品