巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

3500kmを走るウルトラマラソン世界記録保持者がベジタリアンのわけ

ライター情報:鶴賀太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影:Luis Escobar氏
全長3489kmのアパラチアン・トレイルを46日8時間7分で完走し世界記録を樹立したスコット・ジュレク氏。完全菜食主義者のビーガンとしても有名だ。

世界一過酷なウルトラマラソンで世界記録!


42.195kmのフルマラソン以上の距離を走るウルトラマラソン。四万十川ウルトラマラソン(100km)やウルトラトレイル・マウントフジ(170.3km)など日本でも人気が出てきているが、競技は人間の極限に挑戦するものだ。

厳しいレースでは幻覚を見る人もおり、レース中の嘔吐も当たり前で、なかには吐きながら走り続ける強者もいるという。

その過酷極まりないウルトラマラソンのコースの中でもとりわけ過酷と言われているのが北米のアパラチア山脈を縦断するアパラチアン・トレイル(AT)だ。全長3489km。日本地図を広げてみて欲しい。北海道の択捉島の最北から沖縄の与那国島までが3300km弱だ。この気の遠くなるような距離に加え、約150kmの累積標高差がATを世界一過酷と呼ばれるものにしている。

この夏、ATの世界記録(FKT:Fastest Known Time)が生まれた。所要時間は46日8時間7分。一日平均の走行距離は約80kmだが、舗装された道路を走っているわけではない。走るのは山道で、ゴツゴツした岩場もある。1マイル(約1.6km)抜けるのに90分もかかるような難所もあり、嵐のような荒天でも時計は止まってくれない。想像を絶する荒行だ。

世界記録樹立者は完全菜食


ジュレク氏がATで実際に履いていたBrooks社のPuregrit。自ら開発にたずさわったBrooks社の靴を挑戦中8足履き潰した。

記録を打ち立てたのはスコット・ジュレク氏。アテネ―スパルタ間を走るスパルタスロン(246km)三連覇、ウェスタンステーツ100(161km)7連覇、24時間走元アメリカ記録保持者(266.01km)と、数々の記録を樹立し続け、ウルトラマラソン界では知らない人のいないスーパーレジェンドだ。

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/マーケティング・イベントプランナー。
国内外の著者インタビュー、映画監督インタビューを得意とする。グアム国際映画祭、茅ヶ崎映画祭にも関与。

URL:http://mywifescamera.blogspot.com

2015年10月25日 17時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品