巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

【昭和の味】バタークリームのケーキが復活&おいしくなっている!

2016年1月19日 10時15分 ライター情報:まめこ
昭和の頃、お誕生日やクリスマスの定番だったというバタークリームのケーキ。少し黄色っぽく固めのクリームに、生のフルーツではなく、アンゼリカという赤やグリーンの砂糖漬けが飾られているのが定番だったという。かつての日本には、そんな「バタークリーム黄金時代」があったのである。

その後、生クリームのケーキが主流となってからはすっかり日陰の身(?)となったバタークリームケーキだが、最近手みやげでいただいたことから初めて食べてみたところ、そのおいしさにビックリ!! 個人的にはむしろ、生クリームのケーキより好きかもしれない……。

と、そんなきっかけがあって調査してみたところ、ネットでもバタークリームのケーキがじわじわ人気のようで 復活&ブームの予感!? その多くが「懐かしの味」をうたい、デザインもいまどきのスイーツというより、バラの花などをあしらったパステルカラーでやさしく温かな昭和テイストが主流のよう。


こちらは、神奈川にある洋菓子店、「ロリアン」のバタークリームケーキ。昭和40年に開業したこちらは、親子3代で通い続ける人も少なくない老舗。一時は時代の流れでつくらなくなっていたバタークリームケーキを、平成のいま復活させた理由はなんだったんでしょう?と聞いてみたところ、

「実店舗に来られる年配のお客様から、昔食べたバタークリームのケーキがまた食べたいんだけど、つくってくれない?と頼まれることが時々、ありまして。

ライター情報: まめこ

かわいいもの、甘いもの、古いものを愛するフリーライター。好物=ほうじ茶

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品