巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ラーメン二郎をほぼ毎日食べる人、突然のTwitter終了報告にファン悲鳴

2016年2月15日 18時50分
このエントリーをはてなブックマークに追加
写真はラーメン二郎三田本店のラーメン(編集部撮影)

ジャンクな味のデカ盛りで知られる「ラーメン二郎」をほぼ毎日食べ、Twitterに味を記録し続けてきたユーザーが2016年2月14日、更新終了を報告した。「アクシデント発生の為、二郎巡りが困難な状況となりました」という。

「@habomaijiro」氏はストイックなまでに日々「ラーメン二郎」の各店をめぐり、独特な文体で感想を書き記してきた。ファンも多かったためネット上には悲しみのツイートが寄せられている。

日によっては2杯も食べていた




同氏がラーメン二郎を愛好する「ジロリアン」の中でも特に注目されていたのは、その食べる量とペースが理由だ。2015年3月16日から記録を開始し、ほぼ毎日、二郎系のラーメンなどをめぐっていたようだ。日によっては2杯以上食べていたことが、ツイート内容からうかがえる。

しかも、ほとんどのツイートに「完飲」の文字があり、スープを全部飲み干しているようだった。プロフィールのアイコン画像がその「証拠」だ。空になったラーメン丼ぶりの画像が毎日更新されていた。塩分や脂分の摂取量を考えると、健康な身体を維持できる水準をキープしていたとは思えない。

そして「@habomaijiro」らしさを形作っていたのが、勢いのある不思議な文体と独特な言葉づかいだ。麺の食感を表現するときには、「クニュ感」「クニュプル」「クッニュクニュ」「ムチとした」「デロ麺」といった言葉が使われる。おいしかったときはこうだ。

注目の商品