巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「世界一辛いカレー」は池袋にあった タバスコの約400倍の辛さ「ブートギョロキア」使用

2016年3月14日 17時00分

ライター情報:松岡佑季

このエントリーをはてなブックマークに追加

「世界一辛いカレー」が食べられるお店が、本場インドではなく東京・池袋にあるという。しかも辛すぎるにも関わらず、「生きててよかった!」と思えるほどの味だとか。辛いもの好きの筆者には、余裕なんじゃないかと意気揚々と突入してみた。

訪れたのはサンシャインシティ裏側にある「サフラン」。こちらの本格インド料理店に「世界一辛いカレー」があるそうだ。入口の看板には「今宵はサフラン池袋でちょっぴり大人のカリー」と書かれている。




中に入るとインド色の強いインテリアが並ぶ。



マウスフレッシュナーもある心遣いがにくい。

料理はチキンカレーやトロトロチーズカレー、エビカレーなどどれもおいしそう。女性の好みを理解してそうなメニュー群の中に、「世界一辛いカレーセット」があった。値段も3000円とカレーとしては高めな設定だ。

完食できたのは1割未満


これまでに3万232人が挑戦して、そのうち2377人が完食したという(2016年3月10日時点)。1割に満たないということは、大抵の大学受験や難関資格の合格率よりも低いではないか。

辛すぎて、後で何かあっても困るということで、「無理をして完食された後、行内や胃などに不快感が生じる可能性があります。あくまでも、ご本人の承知・納得の上で召し上がって頂くことになります」と書かれた承諾書に名前を記入する必要がある。

カレー店でこのような記入を求められたのは初めてだ。「世界一辛いカレー」には、世界で最も辛い唐辛子「ブートギョロキア」が使用されていて、タバスコの約401.5倍の辛さと言われているという。
関連キーワード

ライター情報: 松岡佑季

IT企業の会社員×フリーライター×インタビュアー。東京在住、週末地方。
地方・グルメ・キャリア・Webマーケティング系の記事を書いています。

URL:https://twitter.com/matsuokayuki3

注目の商品