巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

カレーにレンコンはあり?土浦「ツェッペリンカレー」がウマい

ライター情報:松岡佑季

カレーの具といえば、何を思い浮かべるだろうか。ニンジン、タマネギ、ジャガイモあたりが定番だが、茨城県土浦市ではレンコンをカレーに入れているとか。
東京都心部から一時間強で行ける距離にある土浦市は、レンコンの日本一の生産量を誇る。街を歩いてみると、看板のあちらこちらに「レンコン」の文字が書かれている。


市内で30店舗以上がツェッペリンカレー提供


土浦市には1929年、ドイツの大型飛行船「ツェッペリン伯号」が寄港した際、カレーを乗組員に振る舞った歴史があるという。また海軍予科練の街として栄えており、毎週金曜日にカレーを食べるという習慣があった。
こうした土浦市の歴史を活かした食によるまちづくりを目指して誕生したのが、「ツェッペリンカレー」だ。特産品のレンコンが具材に使われている。町おこしの一環として市内だけでも30店舗以上でツェッペリンカレーが提供されている。

今回は、「土浦C-1グランプリ」3連勝をしており、77年の歴史があるレストラン中台で、「幻の飯村牛とレンコンのビーフシチューカレー」をいただいてみた。ランチ時には行列ができる人気店だ。

たくさんの野菜の中に、レンコンも発見。


カレーとレンコンの相性が気になるかもしれないが、これがかなりウマイ。ルーはブランド牛である飯村牛と野菜の旨味がぎゅぎゅっと凝縮された味わいで、レンコンはしゃきしゃきとした食感。しゃき×じゅわのハーモニーだ。

レストラン中台の3代目オーナーシェフ中台義浩氏にお話を伺った。
関連キーワード

ライター情報: 松岡佑季

IT企業の会社員×フリーライター×インタビュアー。東京在住、週末地方。
地方・グルメ・キャリア・Webマーケティング系の記事を書いています。

URL:https://twitter.com/matsuokayuki3

2016年4月6日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品