巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「深夜徘徊イベント」主催者と、夜の東京を徘徊してみた

一般社団法人いっぱんじん連合は「深夜徘徊イベント」を定期的に開催している。一晩中ただ都内を歩くだけのイベントだが、これまでに330名以上が参加した。主催者の宮原直孝さんと“徘徊”しながら、深夜徘徊の魅力について聞いてみた。



夜中に徘徊しながらインタビュー


徘徊するルートは宮原さんにお任せした。指定された待ち合わせ場所は勝どき駅。ここからお台場まで歩きながらインタビューを行った。

――深夜徘徊を始めたきっかけを教えてください。
2004年7月11日、第22回参議院議員通常選挙だったその夜。テレビは選挙のことばかり。ネットにもラジオにも飽きて、何となく散歩しようと思い、夜の10過ぎに家を出たのがきっかけでした。本当に、特に理由もなく、何となくでしたね。



――今回、このルートを選んだ理由はなんですか?
大学の頃からよく歩いていたルートで、今でも好きなんです。基本的にずっとまっすぐですし、晴海通りを渡ると、一気に人が少なくなって「始まるな」って感じでワクワクします。マンションやビルの光もあって、いい感じですね。

晴海通りを渡ると人が少なくなり、静かになる。人や車が少なく、歩きやすいのも深夜徘徊のいいところ。


――深夜徘徊の魅力はどんなところでしょうか?
ひとことで言うと、非日常ですね。「サブカル・エンタメ・運動・メンタルケア・観光」といった、さまざまな要素がごちゃまぜになりつつ、一度に体感できる点だと思います。また、ワクワクする人もいれば、逆に感情の起伏が少ない時間を過ごせる人もいるし、人によって感想が違うのも面白いですね。
関連キーワード

ライター情報: 篠崎夏美/イベニア

“面白いイベント”を集める情報サイト「Evenear(イベニア)」を運営。毎日面白いイベントを紹介している。
イベントライターとして年間約80件を取材する。

URL:http://evenear.com/

2016年5月6日 07時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品