巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

麺を肉に変更できる「つけめん」爆誕 もはや、“しゃぶしゃぶ”ではとの声も

ライター情報:和泉涼

「舎鈴」ウェブサイトからキャプチャ

[拡大写真]

糖質の量を気にしてラーメン店でも麺少なめで注文する人は少なくない。そんな糖質摂取量を抑えたい人をターゲットにした、麺がまったく入っていない「つけ麺」のメニューが登場し、Twitterで話題になっている。なんと麺を肉に変更できるという“つけ麺の定義を破壊する”ようなメニューが開発されたのだ。

「タンパク質を摂取して糖質をカット」とアピール


そのメニューを提供しているのは、ラーメンチェーン「舎鈴」八重洲店。つけ麺の有名店・六厘舎の系列店だ。店頭のお知らせでは、麺を肉に変更できるというメニューに関して「タンパク質を摂取して糖質をカット」と宣伝しているようだ。肉はスペイン産肩ロース肉で、値段は200グラム・290円。


もともと飽きない味と評判だった「舎鈴」だったが、麺の糖質や塩分を考えると頻繁に食べるのは難しかった。だが、麺を肉にすることで健康問題も解決! Twitterでも「これは健康! かな…」「少なくとも週一では通えるようになる」「冷しゃぶ的な感じかな、普通に健康でおいしそう」と反響が上がっている。

その一方で、「ちょっと意味が分からない」「つけ麺ではない」「斬新過ぎる」とも言われているこの試み。気になるのはやはり実際に食べてみた人の感想だ。写真を見ると肉だけでなく、たっぷりのもやしと玉ねぎも添えられておりボリュームはなかなかだが、本当においしいのか、ちゃんとお腹いっぱいになるのか。

お味の感想は?


味に関してはネットでは「あっさりなスープに、シャキシャキのもやし玉ねぎにこだわりの肉。

ライター情報: 和泉涼

フリーライター。都内在住。

2016年9月6日 17時15分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品