巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

美容院でも銭湯でも「お雑煮」調査! お雑煮マイスターのすさまじい探究心

気づけば今年も残りわずか。もうすぐお正月、お雑煮のシーズンが到来する。ひとくちにお雑煮と言っても、餅の形、味付け、入る具材などなど、千差万別。実は奥深い世界があるのだ。
日本全国の雑煮:イメージ


日本全国のお雑煮を食べ歩き、お雑煮製造から販売まで手掛けるお雑煮専門店、「お雑煮やさん」の粕谷浩子さんに話を聞いてみた。

お雑煮のプロって?


粕谷浩子さん


粕谷さんの目標はお雑煮を特産品として根付かせること。地元のお土産としてだけでなく、インターネットなどでも販売するルートがあれば、より多くの人が各地のお雑煮を楽しめる。そうした思いから、現在「お雑煮やさん」では6種類のお雑煮を販売中。今年の12月には新商品も加わるという。
ご当地雑煮


――HPには「お雑煮マイスター」とありますが、どんなものなのでしょう?
実は「マイスター」を意識しているわけではないんです(笑) あるイベントで紹介された肩書ですね。例えば、学者さんはいろいろなものをカテゴライズして研究する方が多いですが、私はお雑煮をカテゴライズしようと思っていません。「みんな違う」ということを単純に楽しみながら聞き取り、情報を集めているだけです。住んでいるエリアや、各家庭によって違います。みなさん意外と、お隣の家のお雑煮がどんなものか知らないのではないでしょうか?

――確かに、他の家のお雑煮ってあまり食べませんね。
この地域はこの雑煮!という厳密な区分けはないものの、広く見てみると似通っているんです。たくさんお雑煮のサンプルを集めれば地域特性がでてくる。
関連キーワード

ライター情報: 篠崎夏美/イベニア

“面白いイベント”を集める情報サイト「Evenear(イベニア)」を運営。毎日面白いイベントを紹介している。
イベントライターとして年間約80件を取材する。

URL:http://evenear.com/

2016年11月22日 10時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品