巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

料理中にエプロン通じてスマホ遠隔操作 ものづくりの登竜門「GUGEN 2016」の傑作

実用性や商品性の高いアイデアを表彰する、ものづくりの登竜門「GUGEN 2016」の展示会と授賞式が秋葉原コンベンションホールにて行われました。




専門家による審査だけではなく、来場したお客さんからの評価もポイントとして加算し、受賞作品が決まります。会場には一次審査を通過した約60作品が展示されていました。さっそく、筆者が気になった作品を紹介していきましょう。

子どもも喜ぶ? ユニークな楽器系



●ロール紙に絵を描いて回すと音が鳴る「BandGraphone」
卓上のロール紙に絵を描くとそれが楽譜になり、ハンドルを回すとセンサーが黒い部分に反応して音が鳴る仕組みです。絵が楽譜になるというのが面白いですね。


●積み木のような、おもちゃのシンセサイザー「loop」
8色の積み木をはめるだけで音がでる楽器。本体のつまみを回すことで、テンポや音の長さ・オクターブを変えることもできます。見た目がポップでかわいい!


●7色に光るタッチ式楽器「HoneycombBell」
六角形の中央部分を触ると音が鳴り、ドレミファソラシドが7色に光ります。視覚的にも楽しく演奏できそうですね。



大人も楽しめそう。おもちゃ系も最先端



●音楽と同期して光のパターンが変化する「neon」
音楽のリズムや曲調に同期して、光るパターンが変化。スマホで制御したり、ボールの動きに応じてパターンを変えたりすることができます。ジャグリングが派手になる!


●経路が変化、玉がワープする「A Mazeing!!」
各色のポイントを通ると、迷路の一部が回転して経路が変わったり、玉がワープしたりします。
関連キーワード

ライター情報: 村中貴士/イベニア

大阪出身。日々エッジの効いたネタを探し続けるフリーライター。得意ジャンルはサブカル、テレビ、
音楽、現代アートなど。自称・無料イベントマニア。

URL:Twitter:@LR445

2016年12月23日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品