巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

猫スイーツから攻めてる猫雑貨まで揃った「にゃんだらけ」がネコ愛にあふれすぎてる

2017年1月29日 08時00分 ライター情報:古知屋ジュン
空前の“猫ブーム”と言われる昨今、猫をテーマにした様々なイベントが各地で開催されている。
昨年東京でスタートした「にゃんだらけ」は、初回からなんとのべ9000人を集めたモンスター・イベントだ。テーマに“にゃんターテインメント”を掲げるにゃんだらけは一体どんなイベントなのか、1/21・22に行われたVol.3をのぞいてみた。
入場口で公式キャラクター“Bijuたん”(スタイル抜群!)がお出迎え。会場内にはBijuたんグッズの販売ブースも。

グッズからフードまで猫づくし “攻めてる”猫雑貨も


一般入場のスタートする12:00に広い展示会場をのぞくと、すでにお客さんで満杯!
猫イベントといえば雑貨を販売するものが多いが、こちらは猫にちなんだステージイベントや作品展示、飲食スペースなども組み合わせた総合的な「猫フェス」といえる規模のものだ。ショップエリアのブースの数は2日間で約200店。文具やアクセサリーなどの雑貨から、キャットフードや猫の“脱走防止扉”といった実用的なアイテムを扱う店までと猫のデパート的なバラエティ感がある。
猫の瞳をデザインしたカラフルなペーパーウエイトなどが目を引くZooTさんの作品。ハンドメイド通販サイトの「Creema」や「minne」でも販売中だ。

かわいらしい猫をテーマにしているだけあってファンシーな絵柄のアイテムが多いのだが、その中でちょっとメンズ受けが良さそうな“攻めてる”雑貨ブースを発見! ZooT(@ZooT_yaji69y)さんは今年初めてにゃんだらけに参加したというが、猫目ペーパーウエイトや鼻たぶマグネットなど、印象的な猫の身体のパーツをデザインしたアイテムがユニークだ。
徒然猫屋。さんのにゃんこ帽子(1400円~)のカラー展開は約40色で、商品により少しずつ色の組み合わせが異なるそう。写真右はにゃんだらけ限定カラー!

無数にあるブースの中でも黒山の人だかり状態になっていたのが、オリジナルにゃんこ帽子を扱う徒然猫屋。さん。耳が出るデザインの帽子は全てハンドメイドで、色の組み合わせやあごひもの有無など微妙にデザインが異なる。

「自分の飼い猫にかぶせて試してきましたが、嫌がらなくてしかも安全なデザインにたどりつくのに3年ほどかかりました。お顔によって、あごひもがあるのが似合う子と、ないのが似合う子がいますね。サイズはSからLLまであるんですが、長毛の子は既製品の帽子が入らなかったりするのでLLサイズも重宝するようです」(徒然猫屋。さん)
美麗なフォントまでをご自身で一から製作したという華鳥風月さんのデザイン集(500円)は、クラシカルな猫たちの姿がなんとも優雅。

他にも、繊細な透かし柄がシックなムードをかもし出す華鳥風月さん(@katyo_fuhgetsu)のポーチやブランケットなどのグッズは、実際に手に取って見ているお客さんも多かった。
関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品