巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

メルカリ取引あるある 毎日同じ商品に「いいね!」だけする人も

2017年6月12日 10時00分 ライター情報:田幸和歌子
日々様々な取引がおこなわれています(※画像はイメージ)。

ブックオフやヤフオク、まんだらけ、ZOZOUSED、ブランディア、複数のブランド古着サイトなどを渡り歩いた末に、1カ月ちょっと前から始めたフリマアプリ「メルカリ」。

まだ取引成立件数100件程度の初心者ながら、他媒体とは違う、メルカリの取引ならではの「起こりがちなこと」もいろいろわかってきた。

そんな初心者から見た「メルカリ取引あるある」を以下に挙げてみたい。

1・低価格の商品のほうが圧倒的に売れやすい


一般的に、売れやすくするためには「送料込み(出品者負担)」にしたり、写真の撮り方を工夫したりなどの工夫が必要。
洋服なら、ZOZOTOWNの人気上位に入っているようなブランドのもので、なおかつ3000円以下、さらに2000円以下などの低価格で、状態が新品に近いものは、非常に売れやすい。

2・ネット通販利用者が、短いスパンで購入&出品をしているケースも


他サイトなど、ネット通販で購入し、「似合わなかったから」「サイズが合わなかったから」などの理由で、試着のみ、2~3回の着用でメルカリに出品するケースも多数。
また、メルカリで購入したものの、同様に「似合わない」「サイズが合わない」「着ない」ことで即出品する人も。

3・他サイトよりも、流行モノ、季節モノに敏感


他のブランド古着などでは、季節に問わず人気の商品はそこそこで買い取ってくれるところも多数ある。しかし、メルカリは「今すぐ使用したい」人が多いのか、季節外れの商品は一気に売れにくくなる。

4・何年も寝かした高級ブランド品は、いくら良いものでも、売れにくい


メルカリはどんなものでも売れるとよく言われるが、洋服、バッグ、時計など、「〇年前に〇万円で買ったけど、あまり使っていないから美品」と思うようなものが、案外売れない。
単価が高いと売れにくいこともあるし、いくら高級ブランドのものでも、「ずっと使ってなかった」「ずっと着ないでタンスに保管したままだった」ような、流行からズレているものは、やっぱり需要が低いように思う。

5・値下げ交渉が、かなりえげつない


子ども服の場合、ママ世代が「お気持ち程度」などと遠慮がちに交渉してくることが多いが、レディース衣料の場合は値下げ交渉の仕方がかなりえげつない。
出品して30分も経過していないうちに、値下げ交渉をしてくる人も多数。
しかも、その値下げの要求額がえげつなく、5000円以下の商品にもかわらず、1000円以上の値下げを要求する人もチラホラ。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    ただの「劣化版ヤフオク」ですよね。基本はほぼ同じ。

    8
  • 匿名さん 通報

    もう最近、大手マスゴミからこの手の末端web記事まで、メルカリゴリ推し、マンセー記事が多過ぎてウザ過ぎる。どれだけステマ広告費注入してんだよ。

    6
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品