巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

4

香港の国民食『出前一丁』はなぜ日本では味のバリエーションが少ないのか

2017年10月2日 11時35分 ライター情報:田幸和歌子
日本ではなかなか見ることができない「出前一丁」の様々なバリエーション。


昔からおなじみの「出前一丁」。
日本では定番の地位を得ているが、香港では“国民食”と呼べるほどの人気で、市場で高いシェアを誇っていること、豊富な味のバリエーションがあることが知られている。
「出前一丁」のキャラクター「出前坊や」も香港ではチンチャイ君(清仔)と呼ばれて親しまれているそうだ。

実際に香港に行ってみると、スーパーの棚に日本では見たこともないような、たくさんの種類の「出前一丁」がズラリと並んでいる。飲食店でも「出前一丁」という商品名のまま、他の麺より少し高めの金額で提供されていて、炒めた肉がのっているものなど、トッピングも豊富だ。
日本発祥なのに、香港で驚くほどの充実ぶり。ちょっとズルいじゃないか。なぜ香港では多くの味が作られるようになったのか、日清食品ホールディングスに聞いてみた。


「チキンラーメン」ではなく「出前一丁」が香港で受け入れられた理由


「『出前一丁』が日本で発売されたのは1968年。香港でも、ほぼ同時期に日本からの輸入販売がスタートしました。香港市場に受け入れられて販売が順調に伸びたため、1984年に香港日清を設立し、その翌年から現地生産、現地販売を開始しました」(広報担当者)

では、なぜ同じ日清食品の袋麺の中でも、「チキンラーメン」ではなく、「出前一丁」が香港で受け入れられていったのか。
「68年の市場参入当時、日本では『チキンラーメン』が品薄状態で、『出前一丁』には輸出できる余地が十分にあったことが理由の1つです。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    香港の人達は日清と聞いて日清戦争を連想したりしないものなのですか?

    1
  • 匿名さん 通報

    色んな味があるんですね。いつか食べてみたいです。

    1
  • 匿名さん 通報

    キットカットみたいな?

    0
  • 匿名さん 通報

    22:08 朝鮮とは違いますよ、朝鮮は記録も証拠もない関東大震災の倍賞しろとか言ってるからね

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品