0

「ビジネス書」は役に立つのか 「読書の量と質」と年収の関係

2015年11月8日 10時15分 (2015年11月10日 11時04分 更新)

「読書? 忙しくて、そんな暇はないよ!」という人は多いだろう。多忙を極めるビジネスパーソンらにとって、読書時間を確保するのは至難の業・・・だが、世界の名だたる成功者らは、多忙な合間をぬって、とんでもない量の読書をこなしているらしい。

リーディング&カンパニー(本社・東京)代表の、夏目力氏によるコラム、「ビル・ゲイツなど、大富豪の読書量は、年収300万円の人の38倍 『でも、有名になりたくて、仕方がないミーハー著者の本を読んでも何も変わらない。』」(2015年9月)が引用した調査結果によると、20~30代のビジネスマンは「1か月平均0.26冊」の本を読むのに対し、30代で「年収3000万円」の人は、「平均9.88冊」の本を読むそうだ。その差は、実に「約38倍」。アメリカの調査でも、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪が「1日30分以上」読書しているのに対し、「年収300万前後」の人たちで「1日30分以上」読書する習慣がある人は、わずか2%だったという。ネットではこのコラムをめぐって、反響が相次いでいる。

「ビル・ゲイツらは、良い本を大量に読む」

コラムでは、ビル・ゲイツのような富豪たちが、「『良い本』を『大量』に読んでいる」のに対し、普通の人が手に取りがちな、「あなたを変える」とか、「絶対にうまくいく」など、分かりやすいタイトルのビジネス本は、効果が限定的と解説。文字が大きくて、「こうすれば結果が出る」と指南してくれる本は、ついに手に取りたくなる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品