0

「その瞬間、衝撃が走った――」紳助の引退会見直前に流れた速報にメディアは大混乱!

2011年9月2日 11時15分 (2011年9月8日 11時11分 更新)

現在は沖縄にいるという紳助。
海を見つめ、何を思う?

 暴力団との親密な関係が発覚し、芸能界引退に追い込まれた島田紳助。会見は先月23日の午後10時から東京・新宿の吉本興業東京本部で行われた。会場には1時間以上も前からマスコミの長蛇の列が......。待っている間、記者は口々に「引退理由は何なのだろう?」「暴力団絡みのトラブルが発覚したかららしい」「いや、それだけで引退にはならないだろ。もっと別の"何か"があるはずだ」などと、しきりに議論していた。

 そんな中、会見直前にある衝撃ニュースがテレビで速報された。大阪市天王寺区の一斗缶バラバラ殺人事件の容疑者として、同区東高津町の無職・藤森康孝を大阪府警捜査一課が電撃逮捕したのだ。その際、最初のニューステロップは「57歳の容疑者を逮捕」とだけ記されていたことから、事態はあらぬ方向へ......。紳助の会見待ちをしていた某記者の元に社内でニュース速報を見た上司から「このタイミング、まさか(犯人は)紳助じゃないか?」という電話がもたらされたのだ。

「年齢も紳助さんは55歳で容疑者は57歳と近い。地元も大阪ですしね。何より、紳助さんの引退原因が判明していなかった時ですから、電話を受けた記者も周囲に冗談交じりに吹聴してしまった。結果、ほんの一瞬ではありますが、現場は『おいおい、マジかよ!』と大騒ぎになったんです」(週刊誌記者)

 よく考えればありえないと分かる話も、紳助という超大物が引退する異常事態の前では、まともに聞こえてしまうのか......。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品