0

「麻薬だけはやめられず……」覚せい剤逮捕“超大物”音楽プロデューサー川添象郎の転落人生

2013年7月11日 11時00分 (2013年7月19日 08時51分 更新)

音楽プロデューサーの川添象郎容疑者が6日、覚せい剤取締法違反の疑いで警視庁麻布署に逮捕されていたことがわかった。川添容疑者は先月下旬、港区のコンビニ店で万引をしたとして窃盗容疑で逮捕された際、言動に不審な点があり、同署で尿検査を実施。覚せい剤の使用を示す陽性反応が出たという。

「川添容疑者には過去にも覚せい剤使用の前科があるのですが、72歳で逮捕というのは驚きです。万引で捕まったのがキッカケのようですが、生活に困窮していたわけではないでしょうから、覚せい剤の影響によるものだったのでは」(芸能記者)

 音楽プロデューサーとしての川添容疑者は、近年では青山テルマやSoulJaの作品を手がけたことも記憶に新しい。若い世代にはあまりなじみがないかもしれないが、わが国の芸能史に名を刻む“超大物”だといっていい。

「1960年代から活動を行っている川添容疑者ですが、69年に当時アメリカで社会現象になるほど大ヒットしたロックミュージカル『ヘアー』の日本版のプロデューサーを務め、話題を呼びました。しかし、大麻不法所持で逮捕され、以後の公演が中止されたこともあります。その後、アルファレコードを設立し、松任谷由実(当時は荒井由実)やYMOといった大物アーティストを送り出し、大ヒットを連発しました。今は死語になりましたが、“ニューミュージック”というジャンルも、彼が作り出したもの。日本の音楽界の新しい流れの裏には、いつも川添容疑者の存在がありました」(同)

 音楽プロデューサーとしてだけでなく、その出自や著名人らとの交流など、華やかな私生活も芸能マスコミの耳目を集めた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品