世界中の仰天ニュースをお届け!

2015年12月27日
1

【悲報】ローマ教皇「今年は人類にとって最後のクリスマスとなりそうだ」

 西ヨーロッパ文化圏、そして世界11億人のカトリック信者の精神的支柱であるローマ教皇。現在その地位にいる人物は、アルゼンチン出身の第266代フランシスコ1世(2013年3月より在位)である。現教皇は、これまでに数々の奇跡を起こすと同時に、ショッキングな発言を繰り返してきた人物としても知られている。今年11月のパリ同時テロ発生後には、電話インタビューで「ついに第三次世界対戦が勃発した」という主旨の発言を行い、世界に戦慄が走ったばかりだ。その衝撃も冷めやらぬ中、またしても教皇の口から恐ろしい言葉が発せられたとしてオカルト界が揺れている。

 血なまぐさい争いと悲劇的な事件が繰り返された2015年だが、どうやら人類はクリスマスを乗り越えられそうだ――というこのタイミングで、なんとフランシスコ1世が「今年は人類にとって最後のクリスマスになりそうだ」と口にしたというのだ。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2015/12/post_8418.html】

■クリスマス前に飛び出した戦慄の発言、その詳細は!?

 今月17日、79歳の誕生日を迎えたフランシスコ1世だが、今回の発言は、先週末にローマのカサ・サンタ・マリア居住区で行われたミサに集まった多くの信者を前にして飛び出した。米誌『ローリングストーン』をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、教皇の言葉は次のようなものだったという。

コメント 1

  • 話題つくり? 通報

    数年前にFBI超能力者が訓練で聴いてる音が放送されていた。創価が嫌がらせで電磁波使う噂あり電子音に悩まされ、その影響でかリアルな夢見る。27年リニア開業まで人類平気。滅んで欲しいけどね

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品