今注目のアプリ、書籍をレビュー

思い浮かべた人物をピタリと当てる! アプリ「アキネーター」人気が止まらない理由

2010年12月1日 11時00分

ライター情報:池谷勇人

思っていることを何でも言い当ててしまう、不思議なランプの魔神・アキネーター。見た目はトボけた感じですが、その的中率には誰もがビックリするはず!

[拡大写真]

「その人物は女性?」
「日本のテレビドラマに出演してた?」
「名前にカタカナが混ざっている?」

そんな質問に「はい」か「いいえ」で答えていくだけで、思い浮かべた人物をズバリ言い当ててくれる、不思議なサイト「アキネーター」。ネット上では以前からけっこう有名でしたが、最近になってふたたび「アキネーター」旋風が巻き起こりつつあるようです。

再燃のきっかけは、10月上旬にリリースされたiPhoneアプリ版。リリースされるやいなや、「何これすごい!」「なんで当たるの!?」とたちまち話題に。今ではすっかり、有料アプリランキング1位の常連となりました。
浮き沈みの激しいApp Storeのランキングにおいて、2ヵ月近くも首位をキープし続けるというのは、もはやちょっとした「異常事態」と言ってもいいかもしれません。

iPhoneアプリ版も、やれることはWeb版と基本的にいっしょです。最初に好きな人物やキャラクターを思い浮かべたら、あとは「その人物は実在する?」とか「その人物はメガネをかけている?」といったごく簡単な質問に答えていくだけ。考えているキャラクターをピタリ言い当てられたら「アキネーター」の勝ち、言い当てられなかったらあなたの勝ちです。

……と、やること自体はごくシンプルなんですが、驚くべきはその正答率と守備範囲。メジャーな人物なら10問ほどの質問で正解に辿り着いてきますし、かなりマイナーな人でも15~20問でズバリ言い当ててきます。

たとえば「ドラゴンボール」のキャラクターだったら、悟空、フリーザ、亀仙人なんかはもはや当てて当然レベル。「だったらこれはどうだ!」と色々試してみましたが、ヤムチャ、桃白白、スノ、サイバイマン、セルジュニア、ネイル、アックマン、タンバリン、ランファン……このへんも全部20問以内で言い当てられました。
後半はこっちもかなりムキになって「これはさすがにムリだろう!」的なキャラクターをぶつけてみたんですが、「ランファン」が画像付きで表示された時には、あやうく「なんで当たるんだよ!」とiPhoneをぶん投げそうに。ちくしょう、おもしれーなー!
(ちなみに、第21回天下一武道界でナムと戦った女の人がランファンです)

もちろん「ドラゴンボール」に限らず、芸能人、スポーツ選手、アニメ・ゲームのキャラクター、歴史上の偉人……とにかく有名な人であればジャンルは何でもOK。ちょっと変わったところでは、動画サイトの「実況プレイヤー」や「生主」なんかもけっこう登録されていて、同じエキレビライターで実況プレイヤー出身の加藤レイズナやたろちんも、時間はかかったもののちゃんと出てきました。

ライター情報

池谷勇人

ゲーム業界を中心に活動するフリーライター、でしたが、2012年にITmediaへ入社。現在はゆるふわニュースサイト「ねとらぼ」で記者をしております。日々のゲーム業界小ネタを紹介する日刊コラム「日々是遊戯」を連載中。
ツイッター/@tekken8810

注目の商品