今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

ストリートファイター人気投票開催中。格闘ゲームの歴史をおさらい

2013年2月8日 11時00分 ライター情報:たまごまご

1987年から続く『ストリートファイター』シリーズの歴史。数多くのキャラが産まれ、様々に形を変え、育ち続けて来ました。あなたはどのキャラが好き?どこからストリートファイター始めた? 歴史を追ってみましょう。

[拡大写真]

ストリートファイターキャラ人気ランキングアンケート開催!/オフィシャルブログ
カプコンの公式サイトで、ストリートファイターの人気キャラ投票がはじまりました。
で、見ていただければわかりますが、カプコン公式オフィシャルキャラだけでもすごいキャラ数です。
これ全部空で言える人がいたらすごいですよ。

さて、「ストリートファイター」シリーズ、初代が登場したのが1987年
実に26年の歳月が経っております。生まれていない人も多いかもしれませんね。
ここで、「ストリートファイター」にまつわる格闘ゲームの歴史をさらってみたいと思います。
公式記事ではないので、いろいろあった現象なども併記してみます。
さて、あなたはどこから始めた?

・ストリートファイター(1987年)
登場キャラ:隆、拳、サガット、アドン、イーグル、バーディ、元、李、マイク、ジョー、烈、激
体力ゲージを奪っていく、2ラウンド先取、乱入有り、レバー後ろガードという今の格闘ゲームスタイルのベースになっている作品……なんですが、おそらくストリートファイターシリーズとしては最もとんがった作品。
あるのはレバーのほかはパンチとキックのみ。このボタンが非常にでかく、ボタンを殴った強さで技の弱中強が変わるという、圧力センサー使用の、リアル体力を使うものすごいゲームでした。
波動拳、昇竜拳、竜巻旋風脚はこの時から存在。死ぬほど出すのが難しく、まさに必殺技で、当たるとめちゃくちゃ減りました。
当時見たことがなくて、押切蓮介のマンガ『ハイスコアガール』で初めて見た人もいるのではないでしょうか。
今はWiiのバーチャルコンソールで遊べます。

・ストリートファイターII(1991年)
登場キャラ:リュウ、ケン、春麗、エドモンド本田、ザンギエフ、ガイル、ブランカ、ダルシム、M・バイソン、バルログ、サガット、ベガ
このゲームが出た時、ゲーセンはまさに「革命」でした。
対戦をするゲーム、という形態を確実にゲームセンターに持ち込んだ作品です。
スト2はスーパー、駄菓子屋、ゲームショップなどにも置かれました。実はこれがものすごく大きい。というのも当時ゲームセンターは小中学生禁止な事が多かったからです。
ボタンは、今後ベースになっていくパンチとキック弱中強の6ボタン。必殺技のコマンド入力も現在の格ゲーほとんどがスト2に習っています。
加えて、当初バグだった「通常技の最中に必殺技を出すと、戻りモーションにキャンセルがかかる」のが面白い、というところから、キャンセル連続技が研究されます。

ライター情報

たまごまご

フリーライター。「ねとらぼ」「このマンガがすごい!WEB」などで執筆中。ひたすらに、様々な女の子の出てくるマンガを収集し続けています。

URL:たまごまごごはん

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品