今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

『松本人志は夏目漱石である!』だって!? その発想はなかったわ

2010年12月7日 11時00分 ライター情報:近藤正高
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者は1979年生まれで、「ダウンタウン世代」を自認するライター、お笑い評論家。本書が最初の著作となる。

明治時代、書き言葉を話し言葉に一致させようという「言文一致」の動きが文学の世界に現れた。その先駆者の一人として知られる二葉亭四迷は、話し言葉による小説にいざ取りかかったものの、なかなか思いどおりに書けずに悩むことになる。そこで、当時すでに近代小説とはどうあるべきか盛んに論じていた坪内逍遙に相談したところ、落語家の三遊亭円朝の速記本を参考にするといいと薦められたという。

いまの私たちから見れば、話し言葉をそのまま文章にするなんて、わけないじゃん(←こんなふうに)、と思うのだが、当時は落語の速記本でも参考にしないことには、どう書いていいのやら皆目検討もつかなかったのだろう。考えてみれば、伝統芸能のなかでも、話し言葉で演じられるのはぜいぜい落語ぐらいなものではなかろうか。

それにしても、小説を書くのに落語の速記本を参考にしたというのは興味深い。よく考えたら、二葉亭四迷というペンネームも語感的に落語家っぽいし、文学に理解のない父親から「くたばってしめえ」と罵倒されたことからつけたというのも、洒落っ気が効いている。文学とお笑いというのは案外、近いところにあるのかもしれない。

文学とお笑いの関係については、最近、峯尾耕平・著『松本人志は夏目漱石である!』という本が出た。おそらく漱石の『吾輩は猫である』をもじったのであろうそのタイトルは、本書の第9章からとったものだが、このほかの章(序章を除く)も同様に、萩本欽一―坪内逍遙、志村けん―二葉亭四迷、横山やすし―国木田独歩、ビートたけし―尾崎紅葉、明石家さんま―幸田露伴、タモリ―泉鏡花、島田紳助―森鴎外、とんねるず―島崎藤村、ダチョウ倶楽部―田山花袋、太田光―谷崎潤一郎、木村祐一―志賀直哉、千原ジュニア―芥川龍之介、ケンドーコバヤシ―太宰治といった組み合わせで、「○○○○は●●●●である!」という題名がつけられている。

タイトルと目次だけ見ると、何だか奇をてらったような印象を受ける。ちょっと意地の悪い人なら、お笑いを文学に重ね合わせることで妙な箔づけをしようとしているのではないか、と考えるかもしれない。だが、実際に本文を読んでみると、著者とほぼ同世代のライターとして、やられた! と思わされることが多かった。まさに「その発想はなかったわ」(by.板尾創路)である。

本書において著者は、明治以降の小説(家)と戦後のテレビのお笑い(芸人)とのあいだに、その成り立ち、表現、受容のされ方など多くの共通点を見出し、その理由を丁寧に説明してみせる。

ライター情報

近藤正高

ライター。1976年生まれ。エキレビ!では歴史・科学からドラマ・アイドルまで手広く執筆。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)など。愛知県在住。

URL:Culture Vulture

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品